ヒアルロン酸 化粧水まにあ@敏感乾燥肌はいつになっても保湿

肌の乾燥にヒアルロン酸はどんな効果があるの?

ヒアルロン酸の化粧水は、敏感肌や乾燥肌の皮膚トラブルの研究が結集した当然の成果である。油と添加物が混入された化粧品による肌荒れは、根底から修復してやらなければ改善されない。北海道でCAC製品を販売し始めて、お肌の乾燥をはじめ、肌のトラブルが多いのに敏感肌や乾燥肌は驚かされた。重症の人は、全身に炎症を起こしている。そうなると、毎日の治療を根気よく続けなければいけない。ただ製品を売るだけでは、無責任だと思った。どうしても、専門の皮膚科クリニックをつくって、お肌の乾燥のフォローをする必要がある。ところが、泥パックは医薬品ではないから、厚生省はなかなか認めてくれない。「難治のお肌の乾燥の症状改善に役立つことがはっきりとして、治験も数多くあるのに認めないのは、現在の保湿制度に大きな問題があるんです。私は、石油系界面活性剤が皮膚トラブルの最悪の原因だとの結論に到達しました。その油が、これまでの化粧品には多量に使用されています。肌荒れになるはずです。油を肌に塗るのをやめなければ、お肌の乾燥をはじめとする皮膚トラブルはなくなりません。

 

しかし、現在の保湿行政の中でそれを否定すると、商売として成り立たないシステムになっているんです。『皮膚科クリニック』は、泥パックとパック風呂を治療の一環に取り入れ、お肌の乾燥などの治療に役立てています。しかし厚生省は、CAC製品は化粧品としては認めるが、保湿には不適格というわけです。そこで、われわれは美容液にしばられない、まったく新しい皮膚科クリニックをつくろうと決断したのです」泥パックが医薬品として正式に認められるには、五年、十年の歳月と臨床データが求められる。それまで、お肌の乾燥はじっと我慢できるだろうか。皮膚科で使用されているステロイド製剤は九九・五パーセントから九九・九パーセントは石油だと聞く。こんな軟膏を塗り続けているかぎり、トラ゛フルはなくならないだろう。この種の薬剤は大半が水に溶解しない。は、断固として油を否定するところから、全部水に溶ける画期的な製品を開発したのだった。「いまだから話しますが……」と、敏感肌や乾燥肌は開発の動機を語ってくれた。ある高貴な女性から、皮膚トラブルの解消を依頼されたのだ。それから徹夜の実験と研究が始まった。ヒアルロン酸の化粧水の医師らも協力した。こうして、絶対に自信がもてる外用剤が完成した。

 

 

皮膚を細胞レベルで活性化しつつ、症状を鎮静化する泥パックを基剤とする薬剤の誕生だった。「お肌の乾燥の苦しみは、傍でみていても辛い。耐えられないものです。それから離脱するには、油を基剤としない抗炎症剤をつくらないかぎリダメなんです。ところが世の中に、そんなものはありません。私が開発した泥パックならノンオイルですし、これまでの体験からお肌の乾燥を改善することがわかっています。お肌の乾燥にはフオローが大切なのに、それができないのです」

 

大人にきびにはヒアルロン酸ではなく抗菌作用のある成分を

 

そこでヒアルロン酸の化粧水が誕生したわけである。――ニキビができやすい肌が自分ののために治療薬をつくって投与することは認められる――ニキビケアを適用して化粧水で保湿ケアすることになった。「現在の保湿の中では、お肌の乾燥性皮膚炎は治しきれない。泥パックがもっとも有効である」と、ヒアルロン酸の化粧水の全国展開に参加した。後述するように、ヒアルロン酸の化粧水の全国展開のシステムについて、ニキビケアの問い合わせが全国から押し寄せている。それだけお肌の乾燥の治療には、皮膚科医が悩んでいる証拠であり、敏感肌や乾燥肌が開発したニキビケアの効果が高く評価されているという証拠だ。

 

最近気になるサイト

 THE 男のニキビとオイリー肌解消